10月31日バイオリン教室 世田谷

今日は臨時のレッスン日となりました。

トルコマーチをヴァイオリン二重奏でレッスンしました。

出だしのアクセントをしっかりつけたいですね。

このようなアクセントは、元で弓をひっかけるように。

ひっかけるとは、元に圧をかけて弾きだし、すぐに力を抜いて弓で弾いてみてください。

 

その時、弓の毛が寝ている(傾いている)とうまくできません。よく確認してみてください。

写真はちょっと分かりづらいですが、、

これは弓が良い角度。弓の毛がすべて弦についています。

 

これは弓が傾いていて、弓の毛がすべて弦につきません。(ついていたとしても、柔らかくて弾力がない状態です)

(Visited 24 times, 24 visits today)