5月18日バイオリン教室

今日はレッスンで『バイオリン教室、下巻』5月にを弾きました。

生徒さんは音程もバッチリ、リズムも良いのですが、なんとなく音が細切れに聴こえます。

よく見ると弓の使い方に原因がありました。

元半分を中心に使っていたため、弓の先を使えていなかったんですね。出だしから、先に向かってのびやかに弓を使ってみましょう。

ここで一つポイントがあります。

先に向かうとき、だんだんと弓に圧をかけていきます。ほんの少しずつです。圧が強すぎたり、急にかけると音が汚くなりますので、自分でよーく聴いて比べてみてくださいね。

(Visited 26 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする