3月29日バイオリンレッスン

今日はレッスンでコレルリのガボットをやりました。

2段目、1小節目の弓づかいをたくさん練習しました。スタッカートの後のテヌートは、どうやって弾きましょうか。

スタッカートの後なので、どうしてもテヌートの出だしが硬くなってしまいます。今日はわたしが右手を手伝って、生徒さんに感覚を覚えてもらいました。

弓の動きを言葉で説明すると、

スタッカートの2つの音は硬く、素速く、弓をたっぷり使います。

テヌートは出だしが肝心。力を抜いて、ふわっと上から弓を置きます。このとき弓は少なく。イメージでいうと、ふわっと軽いティッシュペーパーが上から落ちてくる感じでしょうか、、(笑)そんな風に弓を上から当ててみて下さい。

今日のレッスンでたくさん練習し、レッスン中の短時間で生徒さんの弓づかいがかなり上達されました!

次回のレッスンがまた楽しみです。

(Visited 31 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする