左指

教室でバイオリンレッスンをしていると、同じような問題がある生徒さんが複数いらっしゃいます。

それは、左指のかたち。押さえ方。

左指は思っている以上に力がいります。
皆さん、力をいれる場所、抜く場所が少し違うために苦労されているように感じます。

では、どこに入れてどこを抜くのでしょうか?

まずはすべての関節を固くしましょう。といっても、無理に力を入れて固くするのではなく、例えば指でトントンと机をたたいた時に、指先がグニャっと曲がらないようにするイメージです。
とくに、1〜3番の指は第一関節(指先に近い関節)を。4の指は第一、第二関節を固くしましょう。

指を押さえるときは、たたくように。
パシ、パシ、と指板をたたく音が出るように。

よく言う「押さえる」という表現が正しいか分かりませんが、
実際はたたくようにして、一瞬で弦をおさえると発音が良い音になりますよ。

ぜひ、指の関節を鍛えてみて下さい♪

(Visited 83 times, 1 visits today)