ヴァイオリンレッスンの死角

これは私目線の話ですが、

バイオリンレッスンでは、まず生徒さんのフォームや音程、楽譜などを注意してみているのですが、、
実はよく見えない部分があります。

それは、右手の親指。
しかも、間違った持ち方をしている人が多いのです。

よく子供さんのレッスンで、私がしゃがんだりするとチラッと見えます。

正しい持ち方は、これ。

親指の関節をぐいっと曲げて、下から支えるようにしましょう。
指先のどこで支えるかも重要です。

悪い持ち方は、これ。

バイオリンを始めたばかりの方は、きっとこちらのほうが楽に持てるため注意が必要です。
これでは弓が落ちますし、無駄に力が入っています。
ということは、いい音がつくれません。

(Visited 300 times, 1 visits today)