良い弦とは

理想の弦とは?
・より大きな音が出ること
・音程感があること

これらを再現するには、弦の重さ・しなやかさ・均一さ、のバランスが大事です。

傾向としては
・硬くて重い弦 → 明るい音、音量が大きい
・柔らかくてしなやかな弦 → 柔らかい、きれいな音程感がある

これらは、素材や構造により変化します。
素材の特徴などを理解してから弦を選ぶと良いですね。

次のレッスンノートでは弦の素材や構造について書きます。

これに加え、使う側としては

・調弦がしやすい
・丈夫である
・価格が高すぎない

こういった条件が満たされていると、なお良いですね。

今はいろんな弦がありますので、順番に試すと良いと思います。
(と言っても、私は今まで3種類くらいしか使っていませんが・・)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする