弦の注意点

前回のレッスンノートで弦の張り替えかたをご紹介しました。
今回は、弦についての注意点を書きます。

1、一度に全部の弦を外さないこと。
  駒が外れ、魂柱(バイオリンの表板と裏板の間に立っている棒)が動いてしまう可能性があります。
  これは危険。

2、弦はやたらと緩めないこと。
  ケースにしまうとき、長時間弾かないからといって、弦を緩める必要はありません。

3、弦は常にストックしておきましょう。
  弦はいつ切れるか分かりません。必ず各弦一本ずつはケースに入れておきましょう。
  ただし、あまりにも古くなった弦は錆びなどで痛むため、予備数はほどほどに。

4、本番前は時期をみてから張り替えましょう。
  張り替えたばかりの弦は伸びないため、すぐに音がくるいます。
  また、馴染むまで多少時間がかかります。
  発表会や演奏会を控えている場合は、弦が馴染む期間(数週間)を考えてから張り替えましょう。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする