弦の張り替えかた

バイオリンの弦は消耗品です。
いつか切れてしまいますし、練習のあと毎回拭かないと、さびて長持ちしません。

私は弦が自然に切れるまで使うのですが、切れそうだな、というサインがあります。
(弾いている最中に弦が切れた経験はないのですが、ケースの蓋を開けたら切れていた、ということがあります)

こんな感じです。
東京 音楽教室 バイオリン

右から2番目のA線ですが
よく見るとコーティングされている部分(巻線)が取れてきています。
こうなると弦がけっこう伸びていて、こまめに調弦しないといけない状態です。
こんな時は弦を張り替えましょう。

とくに難しいことはありません。

まずはバイオリンが安定する場所で古い弦を外します。
ペグを手前に回し、弦を緩めます。
駒からも弦を外します。
東京 バイオリン教室 レッスン

取れました。(なんか歯抜けみたい・・)
バイオリン レッスン 東京

新しい弦を用意します。(タグがついていたら外しましょう)
弦をテールピースの裏か表(どちらでもOK。私はいつも表)から弦のエンドを入れます。
東京 バイオリン教室 世田谷

穴の溝に引っかけ固定させます。
音楽教室 東京 レッスン バイオリン
たまに、弦のエンドが太くて溝にはまりづらいのですが、ここは強引に。
どうしてもはまらない場合はできるところまででOK。

ペグの穴に弦を差し込み、弦の先端を1センチくらい出しておきましょう。
このとき、渦巻き付近のペグ(A線、D線)は扱いにくいので、私はピンセットを使って弦の先端をひっぱり出します。
バイオリンレッスン 東京

できました。
東京 バイオリン教室

あとは向こう側へ、ペグを回していきます。
調弦の時と同様、押しながら回していきます。(でないとすぐに緩んでしまいます)
Exif_JPEG_PICTURE

この時の注意点
・駒の溝、指板の溝に弦をはめてください。
・巻いた弦が綺麗に並ぶようにしましょう。(できるだけ弦が交差しないように)
・弦は上から出るようにしましょう。
(ペグの回す方向を間違えないように。表現が難ですが、トイレットペーパーと同様、上から出るように)

駒の溝
バイオリンレッスン 東京

指板の溝
東京 バイオリン 音楽教室

OK:弦が綺麗に巻いてある。弦が上から出ている。
Exif_JPEG_PICTURE

NG:弦が交差している。
バイオリンレッスン 東京

NG:弦が下から出ている。
バイオリン 音楽教室 東京

あとは調弦と同様に音を合わせて完了!

新しい弦はすぐに音が狂いますので、こまめに調弦してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする