調弦 上級者編

《上級者編》

調弦はA→DA→GD→AEの順番で合わせます。
バイオリンをかまえた状態で左手でペグをつまみます。反対側は空いている指で必ず支えます。

A線のペグをつまんだところ
親指と人差し指でしっかりつまむ

反対側

こんな感じです

あとは初心者編と同様に、いったん半音分くらい弦を緩め、徐々に上げていきます。
緩めたあとは、常に押し込むようにペグを回します。支えている手はしっかりと。

D線のペグをつまんだところ

他の指は渦巻きのあたりを握るように

G線も同じく。
指が他のペグに触れないよう、気をつけましょう。

大きく音がずれていたり、ペグが硬くて動かない場合は
いったんバイオリンをおろし、両手で調弦しましょう。

最後のE線はアジャスターを使用します。
大きく音がくるっている場合は、上記と同様、楽器をおろしてペグで調整してください。

ここでポイント
つまみやすいペグの角度があります。
平たくなっていると、どうにも動きません。。
つまみやすい角度になるよう、弦を張る時は気をつけてみましょう。

G線に比べ、D線のペグが平たくなっている。
Exif_JPEG_PICTURE

つまみにくい
Exif_JPEG_PICTURE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする