9月7日レッスン バイオリン教室 東京 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.9 メヌエット

・冒頭のスタッカートは弓を素早く使って弾きましょう。
 先まで弓を使いたいので、右腕を一気にのばしてください。
 前半は先半弓を意識して使います。

■新しいバイオリン教本2巻 No.10 若き日の

・冒頭のスラーでテヌートは音を繋げて。
 ほとんど切れ目がないように弾きます。

・長いスラーでは、弓をゆっくり使います。

・3段目から4段目にかけてのソからレ
 弓はアップボウのままで。

■新しいバイオリン教本2巻 ハ長調の音階

 音程きれいですね。この調子です。

■新しいバイオリン教本2巻 No.14 アンダンテ
 次回弾いてみましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 No.15 アウリスのイフィゲニアより
 冒頭の和音の弾き方を説明しました。
 次回詳しくやりましょう。

 

 


3歳のバイオリンレッスン

■ボーイング練習
 上達してきましたね!

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 リズムもあと3ページとなりました。
 次回は復習をしてから、歌に合わせて弾く、新しい曲に入ってみましょう。

■リズムカード
 だいぶ慣れてきましたね。
 また一緒に練習しましょうね。


大人のバイオリンレッスン

■譜読みの練習
・音程、良くなりました。
 2分休符はしっかり2つ休みましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 No.32 ポルカ

・3段目
 和音の弾き方。
 音がバラバラしないように。必ず2弦ずつ弾きます。
 1の指が音程低いので、直しましょう。

・3段目 2小節目から
 リズムに気をつけて。
 符点4分音符がまだ短いです。そのあとの8分音符はすべて同じ長さにしましょう。

 バイオリン教室 東京 バイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.34 トルコ行進曲

・スタッカートはハッキリと。完全に弓を止めてください。
・2段目の休符を忘れずに。
 

■新しいバイオリン教本2巻 No.35 メヌエット
 出来たら次回やりましょう。


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.32 ポルカ
 冒頭のスタッカート、きれいにできています。
 和音は音程が難しいですが、だんだん良くなってきましたね。
 今日で仕上げました。 

■新しいバイオリン教本2巻 No.33 きよしこの夜
 2段目4小節目のようなボーイングでは、
 3拍目できちんと弓を元にもどすこと。でも音が大きくならないように気をつけます。
 
 バイオリン教室 東京

 次回、バイオリンで合わせてみましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 No.34 トルコ行進曲
・スタッカートはハッキリと。
・3小節目あたりは、先半弓で弾きます。弓を多くすると弾きにくくなります。

 バイオリン教室 東京

・最後の重音
 1の指の場所が入れ替わります。

■新しいバイオリン教本2巻 No.35 メヌエット
 出来たら次回やりましょう。


大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回はポジション移動の音階になります。

■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 三楽章

 だいぶ仕上がってきました。16分音符や重音は大変だったと思いますが、
 頑張りました!!
 今日で仕上げにしました。

■ポジション移動の練習
 移動は力を抜いて、左手全体で移動します。
 次回もE線で練習しましょう。
 
■新しいバイオリン教本3巻 ガボット ゴセック

 前半、良く弾けています。後半は重音やピチカートがあります。

・5段目 2小節目
 ポジション移動をした4と3は狭くとります。少しとりづらいかもしれませんが・・

・5段目 4小節目
 開放弦を弾いたら、すばやく3と1を押さえます。
 3は次のラで使いますので、そのまま倒すように(滑り込むように)とりましょう。
 
・最後のピチカート
 弦は指板の上はじきましょう。

 
 
 

 

 

(Visited 483 times, 2 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする