9月11日レッスン バイオリン教室 東京 

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次に進みます。8つスラーは速く弾いてみましょう。

■カノン
 ポジション移動やリズム、とても良くなっています。 

・トリルを入れる数はとくに決まっていません。
 音符の長さ分、適当に細かくトリルを入れてみましょう。

・符点は慣れるまでカウントが難しいですよね。
 今日は2ndパートを聴きながら数えたり、部分練習をしました。
 次回また合わせてみましょう。アンサンブルは楽しいですね♪
 
 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻

・No.32 ポルカ
 冒頭はもっと弓をつかって、スタッカートのところで速さを変えましょう。
 力を抜いて、右腕を伸ばします。
 今日で仕上げました。

・きよしこ夜
 ゆっくりの曲ですが、次の音の準備は早めにしましょう。
 後半、G線のラは音程高く。

 次回もバイオリンで合わせてみます。
  
・トルコ行進曲
 ここのスタッカートは完全に弓を止めてください。
 弦から弓は離しません。
 最後の重音では、1の指がE線に触れないようにしましょう。
 
・メヌエット ドン・ジョバンニより
 3段目
 和音のとりかたを練習しました。今日やったコツを忘れずに、弾いてみてください。


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻

・そらを見上げて
 4の指で弾くところを忘れずに。
 次回もやりましょう。

・フランスのおどり
 スタッカートがきれいにできています。
 毎回、弓の同じ場所で弾くようにしてみよう。

・こうま
 3段目はスタッカートがないので、レガートで。
 今日は弓の練習をしました。
 音程バッチリです。

・とんぼのめがね
 良く弾けています。
 長い音符は弓をゆっくりつかいましょう。

・オルゴール
 この曲はスタッカートがありません。
 音に勢いをつけないで、出だしを丁寧に弾いてみよう。

・たきび
 良く弾けていますね!

・ゆうやけこやけ
 ピアノ伴奏をつけて仕上げました。
 上手に弾けました。

・こやぎ
 2分音符は最後まできちんとのばして。
 音程とてもきれいです。
 次回もやりましょう。

・ロングロングアゴー
 4の指、あともう少し高くとりましょう。
 次回またやります。

感想:今日は久しぶりのレッスンでした。夏休みはどうだったかな?
   休み中も自分でどんどん教本を進めていて、えらいですね!


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻

・ぶんぶんぶん
 良く弾けていますね。音程ばっちりです。
 今日はピアノと合わせて仕上げました。

・かっこう
 楽譜、きちんとできています。
 2分音符はしっかりのばしましょう。
 あとはきれに弾けています。
 今日で仕上げました。

・ちょうちょう
 こちらも楽譜きれいに作っていますね。
 音程きれいです。
 左手首がバイオリンからもう少し離れると良いですね。
 ピアノ伴奏をつけて仕上げました。

・チューリップ、ひばり
 初見でスラスラ弾けました。
 次回は楽譜を作ってみよう。

・キラキラ星変奏1〜
 いろんなリズムで弾いてみました。
 8分音符はたくさんありますが、数を間違えないようにしよう。
 次回で仕上げたいと思います。
 

 

小学六年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻

・P30 峠の我が家
 フレーズを意識して弾いてみよう。
 弾いているうちにだんだん良くなってきましたよ。
 指を早めに準備するところをチェックしました。

・P31 美しい空(シェリトリンド)
 小節をまたいでタイがあります。
 意識してカウントして弾いてみよう。
 音程、きれいにとれています。この調子です。

■リズムの練習
 久しぶりですね。
 いろんな拍子で、たくさん課題をやってみました。
 リズム感、とても良いです。

感想:バイオリンと学校の勉強、スポーツ。
   すべて違う分野ですが、関連性があります。今日はそんなお話をしました。
   楽譜に書かれている数字(拍子)は算数なしでは成り立ちません。
   それをカウントするには頭も体もつかいます。また、弾きたい音を出すにも同じです。

   バイオリンのレッスンは、頭で考えたことを再現するための、神経の伝達の訓練なんです。
   頭と体を連動させるって、できるようでできないから。

   学校や塾や部活などで忙しい今の子供たち。
   どうしてもおろそかになりがちなバイオリンの練習。
   でもそれは仕方ないことですし、優先順位があっていいんです。私はそう理解しています。
   だからこそ、忙しいからこそ、レッスンの時間はその訓練と思って、おおいに活用してくださいね。
   間違えてもいいし、何回弾いてもいいから、全部の神経つかうような気持ちで(笑)集中して
   レッスンの時間を意味あるものにしていきましょう。

   これからますます勉強がお忙しくなる様子。
   頑張ってください。応援しています!
    
 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本 1巻
・No.62、63、64
 左手の形とてもきれいです。
 4の指はしっかりおさえて、少し高めに。
 右ひじは下げないで。太く、どっしりした音を出しましょう。

・No.65
 弓の速度に変化をつけましょう。
 スラーや符点2分音符はゆっくりつかいます。

・No.71 主人は冷たい土の中に
 弓をたっぷり使って。移弦のところでは弓を少なく。
 部分練習をしました。

 バイオリン教室 東京

 次回もバイオリンで合わせてみましょう。

・No.72 ラルゴ 新世界より
 初見で弾いてみました。
 後半のG線のド♯は3の指を半音高くします。
 3と4の中間をおさえます。

 

 

(Visited 72 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする