9月10日レッスン バイオリン教室 東京 

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回はポジション移動のある新しい音階です。
 
■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 三楽章

 弓遣い、音程、重音、ずいぶん良くなりました。
 重音ではあともう少し、弦が2本鳴るときれいですが、音程はバッチリでしたよ!
 今日で仕上げました。
 

■新しいバイオリン教本3巻 ガボット ゴセック

・前半のポジション移動、きれいに出来ています。
・後半、重音の指遣いに注意です。ここは3rdのままです。

バイオリン教室 東京

・5段目 4小節目
 開放弦を弾いたら、すばやく3と1を押さえます。
 3は次のラで使いますので、そのまま倒すように(滑り込むように)とりましょう。
 
・最後のピチカート
 弦は指板の上はじきましょう。


小学六年生のバイオリンレッスン

今日からレッスンが始まりました。よろしくお願いします。
今日は体験レッスンの続き、ボーイングから復習しました。
きれいにできていますね。
左手の練習もしてみました。
次回また詳しくレッスンしましょう。


小学五年生のバイオリンレッスン

■スケール
 下がるときの半音は狭くとりましょう。

■スズキの教本4巻 ヴィヴァルディ コンチェルト イ単調 三楽章
 部分練習をしながら通してみました。
 とても良く弾けている部分もたくさんありますが、ちょっと難しかったかな?
 少し思いこみで覚えてしまったところがあるので、また機会があったら再開しましょう。

 しばらく受験勉強が忙しいとの事。
 次回からはあまりプレッシャーを感じずにできる(?)、アンサンブルの本をやることにします。
 知っている曲が多いので、楽しく進められると思います。


大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回は新しい音階です。

■モーツァルト バイオリンデュオNo.6
 後半のTrio
 1st、2ndきれいに弾けています。1stの16分音符は少しゆっくりでも大丈夫です。
 合わせてみました。
 
■モーツァルト バイオリンデュオNo.7
・1st 少しゆっくりでも大丈夫です。焦らず。
・2nd 初見で弾いてみました。音の動きは少ないですが、1stとタイミングを合わせてみましょう。

■ビブラートの練習
 少し振り幅を狭くして、細かくビブラートをかけてみましょう。
 次回、できたらどんどん曲に取り入れてみましょう。


大人のバイオリンレッスン

■バイオリン教本 (アンサンブル)
 
・草競馬
 2~3段目は素速く、次に進みましょう。
 合わせて仕上げました。

・ジャンバラヤ

 4の指をとるときに、左手の形を崩さないこと。

 タイの5拍はきちんとのばしましょう。
 ただし、次の音のために弓は元に行きすぎないように。
 元10センチくらいまでにしてみましょう。

 バイオリン教室 東京


 

・風のワルツ
 次回また合わせてみましょう。

 

中学一年生のバイオリンレッスン

■モーツァルト バイオリンデュオ P10 Nr.3
・2nd
 きれいに仕上がっていますね。音のバランスもとても良いです。
 合わせて仕上げました。

■モーツァルト バイオリンデュオ P11 Nr.11
・1st
 後半の長いスラーでは、弓をとっておきましょう。

・2nd
 初見で弾いてみました。次回合わせてみます。

(Visited 36 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする