8月25、26日レッスン バイオリン教室 東京 

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回新しい音階になります。

■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 三楽章
 
・今日は全体的にE線のソの音程が高かったです。

・2ページ目 
 1音目の8分音符は素速く弓をつかって。遅れないように。
 16分音符で指がまわらないときは、今日やったようなリズムで練習してみてください。
 
 
・2ページ目 4段目から
 3連符で急がないように。
 スラーのところはなるべく元のほうで弾きます。
 アップボウを意識して。

・重音
 DとA線はよくできています。
 AとE線の重音は、たまにバランスが崩れてしまいます。
 今日お伝えした感覚とバランスを意識して弾いてみましょう。
 更によくなります!

・ポジション移動の説明
 次の曲からポジション移動がありますので、今日は3rdの移動を説明しました。
 練習のプリントを参考に、できたらガボットを見てみてください。

 

大人のバイオリンレッスン

■スケール 
 今日からポジション移動のある音階をやりました。

■モーツァルト バイオリンデュオ
 初見でNo.1をやりました。
 3rdのポジション移動や弓遣い、指の速いパッセージも練習になります。
 次回は2ndも合わせてみましょう。

 今日の注意点は3つです。
・8分音符は少し軽く。テヌートにしない。
・17小節目からのリズム
・24小節目の16分音符

 バイオリン教室 東京 音楽教室


小学四年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻
 
・アンダルコのうた
 4の指、音程上げて。
 左手がまた楽器に近づいています。気をつけましょう。

・D線の練習
 4分音符は半弓、2分音符は全弓で。
 A線が混ざらないように気をつけよう。

・野原で
 ここでもまだ4の音程が低いです。。
 思っている以上にのばして。
 高いと低いの聴き比べをしました。

・おおきなケーキ
 アウフタクトです。
 拍子のとり方を練習しました。

・5月に
 初見で弾いてみました。
 左手首、楽器につけないように。

 次回もやりましょう。


大人のバイオリンレッスン
 
■新しいバイオリン教本3巻No.43 ソナタNo.3 二楽章 ヘンデル

・8分音符は切りすぎない。
 スタッカートとレガートの中間くらいで。
 丸みがあるけど、歯切れ良い音色です。

 バイオリン教室 東京

  

・フォルテとピアノの境目で、はっきり強弱の変化をさせましょう。

・16分音符のスラー 
 ダウンとアップの速度に注意。
 アップの始まりは丁寧に弾いてみましょう。

 バイオリン教室 東京
 
   

■新しいバイオリン教本3巻No.54 ブーレ バッハ
 次回できたら見てみてください。

  

(Visited 46 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする