8月21日レッスン バイオリン教室 東京 

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 また始めにもどって復習をします。
 スラーは4つと8つにしましょう。

■カノン
 前回初めてやったポジション移動、きちんとできていました! 
 移動は慣れると早くできるようになりますが、まずは音程が大事ですので
 ゆっくり部分練習してみてください。
 今日合わせたらとても綺麗でした。次回も合わせてみましょう。
 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻

・No.31 音階
 最後の重音は1の音程高くとりましょう。

・No.32 ポルカ
 冒頭の弓遣い、とてもいいですね。
 あとはもっと弓をつかって、スタッカートのところで速さを変えましょう。
 ここは、思いっきりやったほうが変化が出ます。
 
 和音の音程のとり方。
 今日やった指の形で、1の音程を高めにとりましょう。
 弓は最後AとE線、しっかり鳴らします。
 
 バイオリン教室 東京 バイオリンレッスン

・きよしこ夜
 弓の反しを丁寧にすると、きれいにフレーズが作れます。
 次回もバイオリンで合わせてみましょう。
  
・トルコ行進曲
 スタッカートはハッキリと。完全に弓を止めてください。
 最後の重音では、1の指がE線に触れないように。
 今日やった2つのポイントを忘れずに、練習してみてください。

・メヌエット ドン・ジョバンニより
 次回できたらやってみましょう。


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻

・かわはよんでいる
 楽譜、きちんとできましたね。
 今日はピアノで伴奏をつけて仕上げました。
 伴奏が入ると、いつものびのび弾いていますね。
 とても良いと思います。
  
・ぶんぶんぶん
 こちらも楽譜ばっちりです。
 2の指の音程があがってしまう原因は、親指の位置がずれているから。
 だんだんと直していけるように、練習しましょう。

・かっこう、ちょうちょう
 初見でしたが、よく弾けました。
 次回は楽譜も作っていきましょう。


小学六年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻

・P30 峠の我が家
 今日は久しぶりのレッスンでしたので、一緒に部分練習をしました。
 何回か弾いているうちに良くなってきましたね。
 次回も練習していきましょう。

・P31 美しい空(シェリトリンド)
 譜読みをしながら弾いてみました。
 タイが何回も出てきます。とくに後半のリズムに注意です。
 次回またやりましょう。

■譜読みの練習
 久しぶりです。
 後半、だんだんと調子が出てきましたね。
 この調子で次回も続けていきましょう。

 

(Visited 49 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする