8月19、20日レッスン バイオリン教室 東京  

3歳のバイオリンレッスン

■ボーイング練習
 A線とD線で、全弓の練習です。

■絵カード
 かなり慣れてきましたね。
 上手にできています。

■教本
 前回やった8分音符、よく覚えていましたね。
 今日は8分休符もやってみました。

■リズムカード
 8分音符の練習をしました。

 

小学四年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻

・冬の星座
 2分音符が少し短いです。弓を元からゆっくり使って。
 
・アンダルコのうた
 音程きれいです。あとはリズムに気をつけて。
 4分音符と8分音符を間違えないようにしましょう。

・D線の練習
 レとファの譜読みを間違えないように。
 徐々に慣れていこう。

・野原で
 初見で弾いてみました。
 次回またやりましょう。


大人のバイオリンレッスン

■音階 
 次回から4つと8つスラーに挑戦します。

■指のトレーニング練習
 レ♯の音程は高くとりましょう。なかなか難しいですが・・指先がポイントです。

■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 三楽章

・1ページ目 前半
 曲の感じがとても良いですね。
 16分音符で移弦があるところは、きちんと移動してから音を出しましょう。

 今日やった弓遣いで。先弓を意識して使います。

 東京 バイオリン教室


 
・1ページ目 後半
 装飾音符
 左手の力を抜いて。硬いと指が速く動きません。

・2ページ目 後半
 重音は、しっかり弦を2本鳴らしましょう。
 どこに弓の重心をおくのか、今日やったポイントが大事です。


大人のバイオリンレッスン

■スケール
 ポジション移動の指遣いに気をつけましょう。
 
■モーツァルト バイオリンデュオNo.5
 前回やったことろ、きちんと出来ていました。
 今日は合わせて仕上げました。

■モーツァルト バイオリンデュオNo.6
 1st  
 16分音符の速いパッセージが難しいところです。
 リズムを変えて、部分練習してみましょう。
 次回は後半のTrioもやります。
 
■ビブラートの練習
 とても綺麗に仕上がってきました!
 これをマスターするのは、本当に大変なんです。時間と根気がいります。
 でも、一度感覚を覚えてしまえば、あとは工夫次第で色んな音がつくれます。
 これからまた楽しみですね。

 

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 今日はファが少し低かったです。あとは音程きれいです。

■指のトレーニング練習
 今日から始めました。
 音程をとるための練習になります。

■バイオリン教本 
 今日からアンサンブルを中心にレッスンを始めます。

・河はよんでいる
 音程きれいですね。さっそく合わせてみました。

・静かな午後
 符点2分音符の長さに注意です。
 できたら2ndの音も聴いてみましょう。

・愉快に踊ろう
 4分音符が連続していますが、すべて同じ長さで。
 2分音符では、2つ分のばして。
 次回また合わせましょう。

 


中学一年生のバイオリンレッスン

■モーツァルト バイオリンデュオ

・No.10
 2nd 2小節目は1stの動きをを聴いて。
 最後は合わせて仕上げました。とてもきれいに弾けています。

 バイオリンレッスン 東京 アンサンブル

・P10 Nr.3
 1st 初見で弾いてみました。
 長いスラーで16分音符のところは、弓をゆっくりつかいます。
 
 8分音符はやや軽く。ベタっと弾かないこと。

 次回また合わせてみましょう。



(Visited 59 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする