7月13日レッスン バイオリン教室 東京  

3歳のバイオリンレッスン

■ボーイングの練習
 きれいに音がでています。この調子です。

■絵カード
 絵カードを使って練習。
 今日は弓を短く、長くの練習をしました。

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 休符の復習から。
 そして2分音符に入りました。
 上手にできましたね。

■リズムカード
 リズムで遊びました。またやりましょう。


大人のバイオリンレッスン

■ボーイング練習
 A線とD線で弾いてみました。
 右腕、肘がぶれると他の弦が混ざってしまいます。
 きれいなボーイングは難しいですが、バイオリンの一番の基本です。
 ゆっくりマスターしていきましょう。

■新しいバイオリン教本1巻
・No.5〜
 A線とD線で練習しました。
 半弓、とてもきれいです。
 あとは2分音符と全音符の弓の速度に注意しましょう。

■左手
 左手の構えを確認し、1〜3の指まで音を出してみました。
 指の押さえ方のコツを2つお伝えしました。
 次回も一緒に練習していきましょう。
 

感想:先日一緒に楽器屋さんへ行きバイオリンを購入しました。
   今日は楽器の扱い方など、いくつかお伝えしました。

   弾いたあとは必ずバイオリンを拭くこと。これ必須です。
   柔らかめのハンカチやガーゼのタオルを必ず一枚は(本当は2枚)用意してケースに入れておきます。

   弾いたあと、弦に松ヤニがついていますので、力を入れずに拭いてください。
   指板や弦の下にも松ヤニが飛び散っているので、その辺りも拭きます。

   バイオリン教室 東京 バイオリン
  
   左手で触った弦のところ、アゴ当て、弓の持つところ、木の部分も軽く拭きます。

   けっこう拭いていない方が多いですが、
   汗や松ヤニを拭き取らないと、いろいろと寿命が短くなってしまいますよ。

 

高校一年生のバイオリンレッスン

■合奏の練習
 ピアノで前奏をつけて弾いてみました。なかなかタイミングが難しいですが、
 明日みんなと練習しましょう。

■新しいバイオリン教本4巻 コンチェルト No.1 アッコライ
 
・P14 和音の音程
 今日は和音の部分練習をしました。
 
 バイオリン教室 東京
 

・P17
 前回やったアクセント、スラーの頭の音、よく出来ています。
 ドの音程、高く。がんばって4の伸ばします。
  
 バイオリンレッスン 東京

 後半は臨時記号が多くなるので、音程が低くならないように注意しましょう。

 バイオリン教室 東京
 

・P18
 ここからテンポが遅くならないように。『a tempo』とは元の速さで、という意味です。
 前のフェルマータの延長にならないようにします。

 東京 バイオリンレッスン
 
 

  

中学二年生のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本3巻 ガボット ゴセック
 
・移動の前が開放弦のときは、開放弦を弾いているときに上がっておきましょう。

・装飾音符の音程に注意。ド♯は高めに。レは低めに。
 
 バイオリン教室 東京
 
  

・重音の練習をしました。
 ポジション移動やら弦が交差するやら、初見だとちょっと混乱するところです。

 バイオリン教室 東京

・後半、ここからポジション移動が頻繁にあります。

 バイオリン教室 東京

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット べートーヴェン

 初見で練習してみました。
 今日はポジション移動の部分を記入してもらい、確認しました。
 次回またやりましょう。

(Visited 59 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする