5月25日レッスン バイオリン教室 東京  

大人のバイオリンレッスン

■アンサンブルレッスンの練習
 6月に行うアンサンブルレッスンの3曲を練習しました。
 今回初めてのご参加です。お忙しいところありがとうございます。
 どうぞよろしくお願いします。


3歳のバイオリンレッスン

■ボーイングの練習
 今日もいろんな弦を弾いてみました。

■絵カード
 速いテンポに上手くのっています。早口は難しいよね(笑)
 まだ言えないところがカワイイなぁ〜。

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 今日は8分音符のリズムをやりました。
 
感想:お母様から、リズムカードが好きだと伺いました。
   次回以降はリズムカードの時間を増やせていけたらと思います。


大人のバイオリンレッスン

■アンサンブルレッスンの練習
 6月に行うアンサンブルレッスンの3曲を練習しました。

・さかみち(カノン)
 一部指づかいを変えましたが、音程きれいにとれています。

・アマリリス
 後半の休符はきちんとカウントしましょう。
 2分休符は意外と長いので、急がないように。

・ソナタ イ長調 モーツァルト
 装飾音符や最後の32分音符はすばやく弾きます。


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.15 アリウスのイフィゲニアより
・だいぶ仕上がってきました。和音もきれいにできています。
・後半の一部分でつっかえしまうので、部分練習しました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.16
・ファ♯ → ファ の移動が上手にできています。
 この調子で進めていきましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 No.17〜
・No.16の練習をふまえて。
 A線の1とE線の1の指の場所がちがう(平行ではない)ので、音程に注意。
 特にNo.17の3段目。
 
 バイオ リン教室 東京 バイオリンレッスン

  

・No.18
 スラーがあるところ、ないところの弓の配分に気をつけて。
 基本、全弓で弾きます。

・No.19
 音程きれいです。
 最後の2小節、指使いが変則的です。よく指をストレッチしてください。
 

  
  

4歳のバイオリン体験レッスン

今日は4歳の女の子の体験レッスンです。来てくれてどうもありがとう。
バイオリンは3歳からやられているそうです。
引っ越し先でのお教室を探しているとこのとで、今弾いている曲をレッスンしました。
すこし基本に戻って、基礎の確認をしました。基礎は大事です。

  
  

大人のバイオリンレッスン

■指のトレーニング練習
 音程きれいです。ごくわずかにズレているのが気になっていた様子ですが、
 ここまで聴き分けできる耳はすばらしいです。さらに上を目指して進みましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 ザイツ コンチェルトNo.2 一楽章
・全体に良くまとまってきました!

・1ページ目の7段目から 
 符点4分音符の長さがまだちょっと短いです。長さを保ちましょう。

・2ページ目 3段目の和音
 弓がどの弦に触れているか確認していきましょう。
 まず下の音ははっきり鳴らすこと。

・2ページ目 3段目の16分音符
 少し指がもつれます。今日やった練習法で試してみてください。

 バイオ リン教室 東京 バイオリンレッスン

  

■新しいバイオリン教本2巻 ザイツ コンチェルトNo.2 二楽章
・アップボウのスラーは、すぐに足りなくなってしまうので
 はじめから勢いよく使いすぎないようにします。

・フォルテでは弓をたくさん使って大きな音をつくります。
 ボーイングが決め手です。きれいな運弓をめざしましょう。

 
 次回できたら三楽章も見てみてください。 

感想:今日は肩当てが外れやすい、という話になりました。
   原因は二つあるかな、と思います。

   ① 肩当て自体の問題 
     今使っているのはKUNの肩当てで、脚の部分がゴムで加工されているものです。

     
   
     このゴムの部分がバイオリンのニスと合わないらしく、よく滑って外れてしまうことがあります。
     以前楽器屋から聞いた話では、これはバイオリンとの相性があるようです。
     とりつけた瞬間からずれていく場合は問題アリです。

     対策としては、脚部分のパーツを買って交換します。(お店で取り寄せたり、通販になるかと思います)
     そのとき、自分の楽器を持って行って試すしかないと思います。ただ、通販だと試せないですよね。。

   ② 構えの問題
     肩当てを、自分の肩やアゴで(斜めに)押している状態での構えだと、
     ずれて外れてしまうのでは?と思います。
     うまく表現できませんが、高さや位置が合っていないために、必要以上の力で挟んでいませんか?
     いちばん楽に構えられるポジションを試してみてください。
     日によっても変わるはずです。たぶん・・(笑)

     

     わたしはだいたいいつもこんな角度で取り付けます。


 大人のバイオリン体験レッスン

大人の初心者の方です。元々ピアノをされていたそうです。
バイオリンで弾きたい曲がたくさんおありで、その曲を弾くためのだいたいの目安(時期)、
レッスンの進め方、レッスン日程、楽器のことなどを相談したりお話させていただきました。

今日のレッスンでは、構えからボーイング(弓)の練習をしました。
コツをお伝えしたら、最後はきれいにボーイングができていました。
ほんの20分くらいで変わるんですね。嬉しいです。


中学二年生のバイオリンレッスン

■指のトレーニング練習
 音程バッチリです。

■音階
 次に進みましょう。

■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 一楽章 
・冒頭のアクセント
 張りのある音色で。ただ弓を押しつけるのではなく、ちょうどいい重みで。
 ダウンのアップも同じように。アンバランスにならない。

・1ページ目 5段目 3連符のところ
 弓がだんだん先に寄ってしまいます。意識してアップボウを使いましょう。
 弓幅はあまり多くなく。

・1ページ目下から3段目 
 1小節内はあまり音を切らないで。とくにスラーのところ。

・2ページ目 7段目 
 このような形の速い移弦は、肘を固定して。
 肘から先の右手で円を描くように。

感想:テンポを決めましょう。2ページ目、3段目途中から急に遅くならないように。
   16分音符が弾ける速さにします。

■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 二楽章 
・音程きれいです。フォルテで弓をたっぷりと
・アップボウで弓が足りなくならないように調整を。

■新しいバイオリン教本3巻 ザイツ コンチェルトNo.5 三楽章 
 今日は半ページ見ました。
 スタッカートは軽く、弓をすばやく弾きます。
 次回続きも進めていきましょう。

 バイオ リン教室 東京 音楽教室

(Visited 201 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする