5月14日レッスン バイオリン教室 東京  

大人のバイオリンレッスン

■指のトレーニング練習
 4の指は高めに音程をとるときれいです。

■新しいバイオリン教本 2巻 ザイツ コンチェルト 一楽章
・1ページ目 一番下の段 16分音符の『シラソファ』の指がバラつく。
 シの時に、ゆびをする4本すべて押さえること。
 完璧でなくていいので、指を添える感じで。

 バイオ リン教室 東京 バイオリン レッスン
  
 
・3ページ目 5段目から 三連符
 指はよく動いています。
 拍の頭のタイミングを揃えるとよりきれいになります。
 ここから先は2小節の単位でフレーズを感じていきましょう。

・3ページ目 6段目から 重音
 左手の音程はとれています。
 右手の移弦で鳴っていない音があるので、移弦の角度に注意しましょう。
 A線は常に鳴っているようにします。

 バイオ リン教室 東京 バイオリンレッスン

・一番最後の連続したダウンボウ
 元半弓で。弾きおわった弓は、一回ずつ上にあげること。右手で円を描くように。

 バイオ リン教室 東京 バイオリン 音楽教室
 


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻
・P56 ひばり 上手にひけましたね。今日はピアノ伴奏をつけて仕上げました。

・P57 きらきら星 テーマ 移弦をまちがえないように。伴奏をつけて仕上げました。

・P58〜きらきら星 変奏1と2に入りました。4分音符は半弓で、2分音符は全弓で弾いてみよう。


小学五年生のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習 1st〜3rd
・移動のしかたは悪くないが、なんとなく音程が定まらない。
 原因:移動のとき、わずかに左手の形がくずれる。
 対策:機械のように、左手は常におなじ距離、同じかたちで移動しましょう。じつにシンプルなんです。

■スケール 
 ゆっくり、きれいに弾けています。ポジション移動したあとの指使いに注意しましょう。

■スズキの教本4巻 ヴィヴァルディ コンチェルト イ単調 三楽章
・冒頭部分、きれいに弾けていますね。強弱もきちんとできています。
 2段目からのPでテンポが遅くならないように気をつけましょう。

 バイオ リン教室 東京 バイオリン 音楽教室

・3段目2小節目の1の音程、4小節目の1の音程が上がらないように。

 バイオ リン教室 東京 バイオリンレッスン


大人のバイオリンレッスン

■指のトレーニング練習
 4につられて2の指が上がらないように気をつけましょう。

■スケール 小野アンナ 音階教本 P15 F-dur
 アルペジオの2小節目 
 D線のシ♭でポジション移動をします。5thポジションになります。
 
 バイオ リン教室 東京 バイオリン レッスン 

  

■モーツァルト バイオリンデュオ
 今日は1stのパートを初見で一緒に練習しました。
 次回もまた合わせて弾くのが楽しみです。


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本 2巻 P29 F-dur
 音程がとてもきれいです。
 アルペジオでは、 E線の『ファ』はなるべく指をおさえたままにしましょう。
 
 バイオリン教室 東京 音楽教室

■リズム練習 
 16分音符や8分音符と4分音符の組み合わせ、だんだんタイミングが良くなってきています。
 あとはたくさんこなして、慣れていきましょう。
 次回以降も続けていきたいと思います。

■新しいバイオリン教本 2巻 P37 コンチェルト
 2ページ目から
・三連符と4分音符が交互にでてきます。
 4分音符が短くならないように、三連符と同様に3つカウントしてみましょう。
 
 バイオ リン教室 東京 バイオリン

・2段目2小節目 2の指の音程 
 『ソ』と『ソ♯』の音のちがいをはっきりと。

・3段目からは弓をたっぷり使って、のびのびと。


中学一年生のバイオリンレッスン
■G線上のアリア 
 ボーイングにも慣れ、よく弾けています。
 ポジション移動は必ずしましょう。1stで弾けてしまう部分もありますが、
 音色がうすっぺらにきこえてしまうので、3rdで弾きます。
 ビブラートをかけて、深い、あたたかい音をつくってみましょう。

■モーツァルト バイオリンデュオ
 今日は7番の1stから。テンポは速くしなこと。
 1stが2分音符などで動きがないところは、2ndパートをよく聴きましょう。

 2ndパートも初見で弾いてみました。
 4分音符は丁寧に、でもベタっとしないように弾いてみましょう。

 次回の合わせも楽しみです。

(Visited 350 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする