4月12日 バイオリン教室 レッスン

バイオリンレッスン 大人

弓の張り具合に注意しましょう。

たまにレッスンで弓がとても張っている方がいます。
おそらく、しまうときに緩めわすれてまた張ってしまったのかもしれませんね。

弓の棒はもともと少し反れています。
弓の毛を張りすぎると、木の反りがなくなって毛と木が平行になってしまいます!
これは危険。

張り具合の目安は、弓の具合や個人の好みがあると思いますが
初心者の目安としては『少し弾力のある感じ』です。
見た目では、弓の中央にえんぴつがすっと通るくらいの幅でしょうか。

これは張りすぎ。幅が大きく開いています。
バイオリン教室

このくらいが良いと思います。
ヴァイオリン 音楽教室

それから弓の毛は手で直接さわらないこと。
手のあぶらがついてしまうので気をつけてくださいね。

(Visited 66 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする