2月5日 バイオリン教室 世田谷区 東京

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本3巻 ヴィヴァルディ コンチェルト イ短調

・弓をしっかり弦にあてて弾いてみましょう。
 弓の元と先で圧力が抜けないようにします。

・1ページ目 下から2段目
 16分音符のスラーに注意しましょう。
 
 バイオリン教室 大人 東京 
 

 
・2ページ目 下から3段目〜
 移弦のところ。E→A→G線や、E→D→G線の移動は忙しくなりますが、
 まずは部分的にゆっくり繰り返し練習してみましょう。

・2ページ 下から2段目3小節目
 レの3の指は離さずに。
 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.44 移弦の練習 

・1小節目〜
 今日やったようにおおきく肘を移動して2の指の音程をとります。
 音程が上がらないように。
 
・弓の移弦、とてもよくできています。
 今日で仕上げました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.45 アリア

・冒頭〜
 1音目の8分音符はしっかり弓先までつかいましょう。
 素速く弾きます。

・5小節目〜
 弓の中央で弾きます。
 クレッシェンドでだんだん弓幅を多くしましょう。

・後半
 ここも、1音目の8分音符で弓先までつかいます。
 下から3段目は1の指を意識して下げます。

 次回もピアノで合わせてみましょう。
 

■新しいバイオリン教本2巻  変ホ長調の練習

・No.46〜
 音程とてもきれいです。この調子です。

・No.49
 E線ラ♭は意識して音程下げます。

・No.50
 スラーは全弓、スラーのない8分音符は半弓で弾いてみましょう。
 次回またやります。


4歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 
・練習 E線
 休符のカウント、とても良くなりました。
 指もよく動いています。

・かり
 右手、親指の位置をきちんと守ってね。
 他の指がおだんごにならないように、少し隙間をあけましょう。
 今日で仕上げました。
 
・こもりうた
 今日は楽譜をつくって弾いてみました。
 左手人差し指のささえる位置をもっと下げましょう。
 次回またレッスンします。


6歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻
 
・おひるね
 3の指の形、とても良くなりましたね。
 音もきれいにスムーズに鳴っています。
 今日で仕上げました。

・はとどけい
 ここも、2→0のときに大きく指を離さないことです。
 はじめはやりにくいかも知れませんが、だんだん慣れていくと後が楽です。

・E線の練習
 3、4番は右ひじをつかって、移弦します。
 よく動かしていきましょう。
 5番からA線の4の指を使います。
 4の指のシールを隠すように、がんばっておさえてみよう。


大人のバイオリンレッスン
 
■新しいバイオリン教本 2巻 No.9

 冒頭〜の2の指(E線のソ)は1の指に引き寄せるように、がんばって縮めます。
 全体的にとても良くなりました。今日で仕上げました。

■新しいバイオリン教本 2巻 No.10
 
・冒頭
 テヌートの音、きれいにできています。
 一番始めのシは弓を速く先までつかいましょう。
 2小節目の3拍目なども同様に。

・4、5小節目、 12、13小節目
 ここの4分音符は先半弓にします。

東京 バイオリン教室 世田谷区
 
  

・3段目最後の音
 タイのあとは弓の続きで。
 弓を半分くらいとっておく気持ちで。

 ピアノで合わせて仕上げました。
 きれに弾けました。

■新しいバイオリン教本 2巻 ハ長調の音階練習

・No.11〜
 音程とてもきれです。
 4つスラーは慣れたら少し速くしてみましょう。

・No.13
 今日確認したように、左指の形がとても大事です。
 音程がかなり安定するので練習してみてください。
 次回はできたらスラーをつけてみましょう。

■新しいバイオリン教本 2巻 No.14

 G線は左肘をもっと上げて、太くしっかりした音を出してみます。
 重さが足りないと音がスカスカしてしまい、弓もフラフラと不安定になりやすいです。
 音程とてもきれいです。次回もピアノで合わせてみましょう。

 
■新しいバイオリン教本 2巻 No.15
 
 冒頭の和音の弾き方を説明しました。
 まずは指を置いて準備します。あとは弓の配分にきをつけて、思いっきり弾いてみましょう。
 今日はとてもよく弾けていました。
 次回またレッスンしていきましょう。

  

(Visited 67 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする