2月19日 バイオリン教室 東京 世田谷

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本3巻 ヴィヴァルディ コンチェルト イ短調

 全体的な音程やリズム、良くできています。
 弓は今日やった人差し指の持ち方を忘れずに音を出してみましょう。
 音質が更に良くなります。

 今日は部分的に音程を直しました。

・1ページ目 3段目3小節目
 シ♭は低く、ソ♯は高くとりましょう。
 
・1ページ目 下から3段目1小節目
 ファの3の指を低くします。

・2ページ 3段目1小節目
 ドの3の指は低く。レ♯はかなり高くとりましょう。
 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.45 アリア

・冒頭〜
 1音目の8分音符はしっかり弓先までつかいましょう。
 
・5小節目〜
 弓の中央で弾きます。
 クレッシェンドでだんだん弓幅を多くしましょう。

・後半
 ここも、1音目の8分音符で弓先までつかいます。
 下から3段目は1の指を意識して下げます。
 
 ピアノで合わせて仕上げました。
 

■新しいバイオリン教本2巻  変ホ長調の練習

・No.49
 E線ラ♭は意識して音程下げます。

・No.50
 スラーは全弓で、弓をたっぷり使いましょう。
 音程きれいにとれています。次回またやります。

■新しいバイオリン教本2巻  No.52 カノン

 冒頭のテヌートは弓が途切れないように意識しましょう。
 合わせて弾いてみました。とてもきれいに弾けています。
 次回またやりましょう。


4歳のバイオリンレッスン

■ボーイング練習
 弓をたくさん使って、右腕をのばしましょう。
 だんだん上手になってきましたね。
 
■バイオリン教室 上巻
 今日は2分音符を練習しました。
 音符の長さやリズム感、よくできるようになってきました。
 今度また一緒に練習しましょう。

 バイオリン教室 東京 バイオリン レッスン


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻

・メロディ
 リズムや音程、ばっちりですね。
 今日は弓のつかい方を練習しました。
 アップボウでしっかり元までつかうポイントを忘れずに。
 今日はバイオリンで合わせて仕上げました。とてもよくできました。

・冬の星座
 こちらもリズムなど基本的なところはバッチリです。
 付点2分音符は弓をゆっくり使って。 

・アンダルコのうた
 強弱よくできています。
 クレッシェンドでは、始まりをもっと小さくしてみましょう。
 元気のいい曲ですね。弓もはぎれよくしてみよう。
 
・エーデルワイス
 初見で弾いてみました。
 次回またレッスンしましょう。

 

3歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 
・P17〜
 今日も2分音符の練習です。
 前回よりぐっと良くなっています。
 弓の使い方、ばっちりです。

・P19〜
 今日から8分音符です。
 言葉に合わせてリズムたたきできたかな?
 少し速くなるので、次回股一緒に練習しましょう。


大人のバイオリンレッスン
   
■新しいバイオリン教本 2巻 No.15
 
・冒頭の和音は右の腕全体をつかって、思いっきり。
 弓がきちんと弦にあたっているか、確認も大事です。
 あとは感覚ですね。

・D線とG線が入り交じるところで、少し弓が迷っているようです。
 まずはゆっくり、一つずつ右手を確認しながらいきましょう。

・下から2段目3小節目
 ド→ソの3の指は、今日やったように肘を使ってみましょう。

■新しいバイオリン教本 2巻 No.16
 
 E線の1の指をずらして、ファの音をつくります。
 (今までのE線の1はファ♯の音です)
 少し混乱するかと思いますが、指の位置関係(この弦のここはこの音、ということ)
 は今後も代わりませんので少しずつ覚えていきましょう。
 
  

(Visited 52 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする