2月17日 バイオリン教室 世田谷 東京

※2月18日のレッスン日記はお休みさせていただきます。

大人のバイオリンレッスン

■モーツァルト バイオリンデュオ No.5

 2nd
 1stと動きが似ています。
 スタッカートやスラーなどは同じような弓遣いで弾いてみましょう。
 14節目は2ndから1stへ、音が流れていくようなイメージを。
 合わせて仕上げました。

■モーツァルト バイオリンデュオ No.6
 1st
 16分音符の前後でリズムが崩れないように。
 1小節目はゆっくりテンポで始めましょう。


大人のバイオリンレッスン

■カイザー1 No.7 バイオリン練習曲 

 全体的な音程、良くとれています。
 一番最後の和音の段は左手の手順をよく理解し、今日やったような部分練習をおすすめします。
 
 東京 バイオリン教室 大人 
 
  

■モーツァルト バイオリンデュオ No.5 

 1st
 音程、リズムばっちりです!
 今日はとても良く仕上がりました。
 次回できたら2ndパートも弾いてみましょう。
 
  

小学二年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻
 
・E線の練習3〜
 移弦がたくさんあります。右ひじを意識して高さを変えましょう。
 次回は5番のみまたやります。
 
 バイオリン教室  東京

・メロディ、かね
 4の指は意識して指先をしっかり押さえましょう。
 きちんと4の場所に届いていますので、この調子です。
 
・ちょうちょう
 以前弾いた曲ですが、ここから小指をたくさん使って慣れていきましょう。
 次回またやります。
 

大人のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 次回はA線になります。

■スケール
 次回は新しい音階です。
 
■新しいバイオリン教本3巻No.55 エア・バリエ ダンクラ

・1ページ目4段目
 スラーは弓をたくさん使います。
 
・1ページ目5段目
 冒頭のダウンボウは、もう少し弓をつかい、
 もう少し大きく弓を上にあげてみましょう。 

・2ページ目7段目1小節目
 フラジオレットは小指の伸ばす場所と、
 レの4指でしっかり押さえることがポイントです。


 
■ビブラートの練習
 今日からスタートしました。いよいよビブラートです。
 基本は力を抜くこと、そして人差し指の付け根をバイオリンから離すこと。
 これが大事です。
 できるまでに時間がかかるテクニックです。手の動きは徐々に慣れていきましょう。


(Visited 53 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする