2月15日レッスン バイオリン教室 東京

※2月12日のレッスン日記はお休みさせていただきます。

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 ハ長調の音階練習

・No.11〜13
 音程とてもきれいです。弓の動きもだんだん良くなっていますね。
 この調子です。

■新しいバイオリン教本2巻 No.15

 ここは弓の中央に弓を置きなおして。前の音でしっかり先までつかいます。

 バイオリンレッスン 音楽教室 東京

 冒頭の和音や全体的な音程、とてもよくできています。
 今日で仕上げました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.16

 半音の音程、1の指のかたち、とてもきれいです。
 次回も練習のためにやりましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 No.17

 練習曲です。単調な感じですが、指の置き方に注意しましょう。
 とくに3段目は1の指がA線とE線で位置が変わります。ここははっきり変化をつけて。

■新しいバイオリン教本2巻 No.18
 次回やってみましょう。


大人のバイオリンレッスン
 
■新しいバイオリン教本2巻 No.45 アリア

・冒頭のリズム、良くなりました。
 あとは1拍目でしっかり先まで弓をつかいます。

 バイオリン教室 東京 世田谷区

・5小節目〜
 メロディーのイメージを忘れずに。
 今日も上のラインだけ弾いて練習してみました。
 だいぶ良くなってきましたね!

・下から3段目
 このあたりの音程はとりにくいと思いますが、左手の持ち方が悪いときちんととれません。
 今日は指が寝ていたので音程が悪くなっていました。

 次回またやりましょう。

■変ホ長調の練習 No.46〜51
 音程とてもきれいです!この調子です。
 50、51番は弓をたっぷり使って練習してみてください。

■新しいバイオリン教本2巻 No.52 カノン
 良く弾けています。次回できたら合わせてみましょう。

■新しいバイオリン教本2巻 No.53 ぼだい樹
 弓を置き直すポイントが何ヵ所かあります。
 必ず弓の中央に置き直しましょう。

 バイオリン 大人 音楽教室


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本3巻 ヘンデル ソナタNo.3 2楽章

・2段目
 pの境目はドの音になります。ここから急に小さく、弓も少なくしましょう。
 3段目〜fになります。

・3段目
 弓遣いの練習をしました。弓のスピードに変化をつけましょう。

 バイオリン 大人 音楽教室 東京


 
・6段目1小節目
 16分音符。ここは弓の一番元で弾きます。

・下から4段目
 弓の一番先で弾き始め、だんだん弓幅を広くしましょう。

 東京 世田谷 バイオリン教室


小学二年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 
 
・とんでいったバナナ
 リズム感やスタッカート、とても良くできています。 
 あとはもっと自信もって弾きましょう。
 今日で仕上げました。

・E線の練習
 音程バッチリです。次に進みましょう。

・風のかなで
 曲のイメージを一緒に考えてみました。
 2段目から3段目にかけて音の強弱などをつけて、今日で仕上げました。

・ハイホー
 始めはアップボウです。間違えないように。
 何回かでてくるアップは意識して元までつかいましょう。
 今日はバイオリンで合わせてみました。

・小さなワルツ
 付点2分音符は最後まで音をのばして。
 弓をゆっくりつかいましょう。
 音程とてもきれいです。次回またやります。

・峠のわが家
 次回できたら弾いてみよう。


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻 
 
 今日も五線の譜読みをしながら弾いてみました。
 だいぶできるようになっていますね。
 今日は新しくドの音に入りました。
 次回もどんどん進めていきましょう。

  

4歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 
・こもりうた
 左の人差し指は、もう少し楽器の上に出しましょう。
 指の付け根が指板(黒い板)にあたるくらいの気持ちで。

・なきむしけむし
 今日は楽譜を作りました。
 できたら残りはお家で作ってみましょう。
 また次回一緒に弾いてみようね。

■リズムカード
 今日はカードをたくさん使って難しいリズムに挑戦しました。
 よく頑張りましたね!


中学二年生のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本3巻 ヘンデル ソナタNo.3 2楽章

・2段目
 pの境目はドの音になります。ここから急に小さく、弓も少なくしましょう。
 3段目〜fになります。

・3段目
 弓遣いの練習をしました。弓のスピードに変化をつけましょう。

・6段目
 4や1の指が開放弦にさわらないように。

 バイオリンレッスン 東京 世田谷

  
 
 

・下から4段目
 弓の一番先で弾き始め、だんだん弓幅を広くしましょう。



 
 

(Visited 60 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする