12月8、9日レッスン バイオリン教室 世田谷

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本1巻

・No.42 あそびましょう
 D線はもう少し肘を高くしましょう。
 2段目は弓をダウンボウで置き直します。
 移弦もあせらずに。楽譜の先を読んでおきましょう。

・ロングロングアゴー
 4分音符は全弓で弾いてみましょう。8分音符は半弓にします。
 D線とA線で肘の高さをしっかり変えて。

・むすんでひらいて
 ここもD線はもう少し肘を高くしましょう。
 3段目、1→4のときは、4を優先しておさえます。
 
・スラーの練習
 前回のおさらいをしました。
 きれいにできています。
 次回も練習してみましょう。

・ぶんぶんぶん
 初見で弾いてみました。
 ここからスラーがたくさん出てきます。
 難しいことろは、今日やったような部分を練習してみてください。


小学4年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻
   
・おぼろ月夜
 リズムとスラー、とても良くなっています。
 練習がんばりましたね。
 今日で仕上げました。

・農夫のうた
 音程、とてもきれいです。
 今日はスラーと音の数に気をつけましょう。
 次回またやります。

・野ばら
 ゆったりしたきれいな曲です。
 今日は初見で弾いてみました。


  

大人のバイオリンレッスン

■カイザー1 No.6 バイオリン練習曲 

 今日は後半を中心に、最後まで弾いてみました。

 臨時記号がたくさんあります。半音はせまく、全音は広く、をはっきり区別して
 音程重視で仕上げていきましょう。次回またやります。

 バイオリン教室 東京 大人

  

 
■モーツァルト バイオリンデュオ No.2
 
 2nd
 とてもよく弾けています。少し3の音程が高くなるので、気をつけましょう。
 合わせて仕上げました。とてもきれいに仕上がりました!
 
  

■モーツァルト バイオリンデュオ No.4

 1st
 今日は通して弾いてみました。
 拍のあたまにきちんと音がはまるように、カッチリと弾いてみます。
 
 バイオリン教室 東京 レッスン 大人

 2段目の装飾音符は、今日やったように指の置き方とリズムに注意です。

 2nd
 次回できたら弾いてみましょう。

  

小学二年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻

 譜読みをしながら弾いてみました。
 今日は3の指、レの音をやりました。

・左手の親指はあまり出し過ぎないことです。
 少し変えるだけで形が良くなりますよ。

・バイオリンは左肩と左アゴで挟むようにして、顔はほとんどまっすぐにします。
 アゴの真ん中だと首が前にでて、少し顔が上を向いてしまいます。そうすると、
 おそらく首に負担がかかると思いますし、見た目がきれいではありませんので
 だんだん直していきましょうね。

■リズムカード
 今日は付点4分音符を新しく加えてみました。
 次回もまたやってみましょう。


小学四年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻 

・たのしいワルツ
 弓の配分に注意です。
 前回チェックしたように、弓の長さを変えて練習しました。
 今日で仕上げました。

・おぼろ月夜
 リズムのとりかた、スラーが少し難しい様子です。
 今日は部分練習をしながら途中まで弾きました。
 8分音符は弓を短く。長いスラーは弓をゆっくりと。
 次回またやりましょう。

・農夫のうた
 今日は初見で弾いてみました。
 フレーズと移弦に気をつけて、次回またやってみましょう。

(Visited 70 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする