12月4日レッスン バイオリン教室 東京

大人のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 下がるときは意識してゆっくりと。

■新しいバイオリン教本3巻 ガボット ゴセック

 冒頭のスピッカート、全体的な音程、とてもきれいに弾けています!
 今日チェックしたところは、1の指をおさえたままにすると弾きやすくなります。
 今日で仕上げました。
 

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット べートーヴェン
 
・3段目
 臨時記号の♯は、もう少し音程高くとりましょう。

・後半のスタッカート、とてもよくできています。
 今日はアップボウの連続したスタッカートを練習しました。
 これは元の方だと弾きにくくなるので、先を意識して使いましょう。

 バイオリン教室 東京 バイオリン レッスン

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット ボッケリーニ

 できたら見てみてください。
 次回、フラジオレットのやりかたを詳しく説明します。


4歳のバイオリンレッスン

■ボーイング練習
 A線とE線で弾いてみました。
 だいぶ力が抜けて、よくなっています。
 この調子です。
 
■絵カード
 今日は新しいカードで遊んでみました。
 今日も元気に、リズム良くできましたね。

■バイオリン教室 上巻
 A線では、もう少し肘をさげましょう。
 E線は一番肘が下がります。
 感覚を覚えるまでは、ゆっくりと、弓をよく見て練習しましょう。
 


5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻

・こもりうた 
 8分音符は弓を短く弾きます。
 2分音符は最後まで弓をゆっくり使って、音が切れないように。
 音程とてもきれいです。ピアノで合わせて仕上げました。

■子供のためのバイオリン教室 下巻

・練習1〜6
 とても良く弾けています。
 3番の全弓では、もっと先まで使いましょう。
 4番は3の指がつぶれないように。指の間接をたてて。

・たのしいうた
 強弱をつけて弾いてみました。
 Pの前はしっかりとfで。変化をつけましょう。
 次回またやります。

・あこがれ
 音程とてもきれいです。
 3段目はだんだん音を大きくするイメージを作ってみました。
 次回また弾いてみましょう。

・おともだち〜
 次回できたらやってみましょう。
 

4歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 
・4分音符と4分休符の練習
 弓をたくさんつかう練習をしました。
 ふとした瞬間にできています。
 難しく考えないほうがすんなりできるようです。
 今日で仕上げました。

・A線とE線の練習
 今日はA線の復習とE線をやりました。
 楽譜をよくみて、弓をたくさん使いましょう。

・左手の練習
 今日から左手に入りました。
 指番号の確認と、左手の運動をしてみました。
 音の違い、わかったかな?
 左手に入って嬉しい様子でした。
 次回もがんばっていきましょう。


6歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻

・あそぼうよ
 4分音符は半弓、2分音符などは全弓です。
 2段目、始めの2分音符もしっかり先まで使いましょう。

・かげぼうし
 この曲はすべて全弓で弾いてみよう。
 よく腕がのびて、きれいに弾けました。
 今日で仕上げました。

・さるのこしかけ
 ここも4分音符は半弓、2分音符などは全弓にします。
 2段目の4分音符は先半弓になります。
 次回また弾いてみましょう。

・かくれんぼ
 譜読みをしてから歌ってみました。
 曲のイメージできたかな?
 今日やった『し』の音は、五線の場所を覚えていきましょうね。
 ちょうど五線の真ん中になります。
 
・おべんとう
 できたら次回弾いてみましょう。

感想:前回より弓を先までつかるようになり、とても良くなりました。
   普段から音程もきれいなので、この調子で進めていきましょう。


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本 2巻

・No.4 つりがね草
 今日は左手首と肘の形をおさらいしました。
 やはり基本の形ができていないと、音程がとりにくくなります。
 今日やった2つのポイントを忘れずに、自分でもチェックしてみてください。
 次回また弾いてみましょう。

・No.5 音階
 4の音程はもう少し高くとるときれいです。
 3番のスタッカート、とても良く出来ています。
 速度がだんだんゆっくりにならないようにしましょう。

 4番も先半弓できれいに弾けています。
 練習のために、次回またやりましょう。

・No.6〜 
 アルペジオです。ほとんどできていますが、念のため
 左指の形をキープする練習をしました。
 3つスラーは弓を3等分で。
 
・No.8
 途中まで弾いてみました。

 今日楽譜に記入した弓の配分で弾いてみてください。
 途中、弓を置き直すところは、弓の中央に置きます。

 この曲はスラーの中に移弦があるので、弾きにくいと感じると思います。
 今日やったように、弓の中央で移弦してみましょう。
 弓に力が入っていたり、スピードが遅くなりすぎると雑音がなるので気をつけましょう。

(Visited 90 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする