12月23日〜27日レッスン バイオリン教室 東京

大人のバイオリンレッスン

■カイザー1 No.6 バイオリン練習曲 

 ♭や臨時記号が多いですが、とても良く弾けています。
 音程もきれいになっています。今日で仕上げました。
 次回は7番をやりましょう。

  

■モーツァルト バイオリンデュオ No.4

 1st
 所々音程をなおし、今日は通して合わせてみました。
 2段目の装飾音符は今日やったように指の動きとリズムに注意です。
 あくまで軽く、元のリズム崩さないようにすることです。

 18小節目は1stのみです。少しテンポがゆれてもOKです。

 合わせて、とてもきれいに仕上がりました。
 
 バイオリン教室 東京 レッスン 大人

 

 2nd
 次回できたら弾いてみましょう。

  

大人のバイオリンレッスン

■カイザー1 No.6

 よく弾けています。
 今日で仕上げました。次回は7番です。

■新しいバイオリン教本6巻 シャコンヌ ヴィターリ

 今日は主に2ページ目の後半をレッスンしました。

・下から3段目〜
 まずは音程をとる練習です。それが出来たら弓遣いをやります。
 ここは1や2など、今日チェックした指を押さえたままひきましょう。
 左手の形をキープすることが大事です。

・3ページ目2段目
 少し難しいように見えますが、ここも今日チェックした指をキープしてみましょう。
 あとは右の弓でしっかり移弦を。
 和音はアップで弾きます。
 
 バイオリン教室 東京 世田谷 


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本1巻

・ロングロングアゴー
 4分音符は全弓で、8分音符は半弓にしましょう。
 今日は半弓が長くなりがちです。
 移弦では、D線とA線で肘の高さをしっかり変えて。
 次回またやりましょう。
 

・むすんでひらいて
 こちらも4分音符は全弓で、8分音符は半弓にしましょう。
 D線はもう少し肘を高く。でないと雑音が混ざります。
 3段目、1→4のときは4の準備を。
 
・スラーの練習
 前回のおさらいをしました。
 次回も練習してみます。

・ぶんぶんぶん
 スラーがたくさん出てきます。
 今日は苦手なところを部分を練習しました。
 左手と右手がまったく違う動作なので、少し混乱するかと思いますが・・
 ゆっくりで大丈夫です。また一緒に練習しましょう。


大人のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 第5ポジションは移動が結構ありますね。
 今日やったように左指の形が大事です。

■スケール
 久しぶりにやりました。
 次回はアルペジオにスラーをつけてみます。

■モーツァルト バイオリンデュオ No.5

 1st
 冒頭、ダウンボウは弓を元に戻しましょう。
 次のスラーは、まとまりを意識してあまりベタっとしないように。
 
 14小節目の16分音符は急がないようにしましょう。
 指がもつれる場合は、今日やったような練習が効果的です。

 2nd
 初見で弾いてみました。1stと動きが似ています。
 同じように弾いてみましょう。
 14節目は2ndから1stへ、音が流れていくようなイメージで。
 次回また合わせてみます。

■モーツァルト バイオリンデュオ No.6
 1st
 初見で弾いてみました。
 次回詳しくレッスンします。


高校一年生のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本4巻 ソナタ ト長調 エックレス

プレスト

・冒頭の16分音符、数を間違えないようにしましょう。
 今日はなぜか1コ足りなかったです。

・3小節目の頭はすぐに元弓にもどします。

・2段目、最後の小節〜
 ここはポジション移動が小節ごとに変わります。
 今日は部分練習をしました。とても良くなりましたね。

・4段目3小節目
 リズムに注意です。3拍子で数えていくと、4分音符は2つカウント、8分音符は1つです。
 今日は4分音符が少し長かったかな?

 東京 バイオリン 音楽教室

・下から4段目あたり〜
 拍の頭を意識して、少し音を大きめに弾いてみましょう。

 バイオリンレッスン 東京 世田谷

・下から2段目、後半〜は、第3ポジションのままです。
 指遣いに気をつけよう。


(Visited 45 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする