12月11日 バイオリンレッスン 東京 

大人のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 とてもよくできています。
 次回はA線でやりましょう。

■スケール
 次回は新しい音階です。

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット べートーヴェン

 とても良く弾けています。今日は少しだけ直しました。
 
・1段目最後の小節
 臨時記号のラ♯は、もう少し音程高くとりましょう。

・下から2段目
 リズムに注意です。今日はファが少し長かったです。

 バイオリンレッスン 東京 世田谷 音楽教室
 

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット ボッケリーニ
 
・冒頭の装飾音符の入れ方を練習しました。
 きれいにできています。リズムが崩れないように弾いてみてください。
 
・フラジオレットのやりかたを説明しました。
 指のかたちと、弦にほとんど触れないような感覚を覚えましょう。
 そのためには、今日やったような手の形、目安になるポイントが大事です。

 次回はできたら後半もやってみます。
 

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻  変ロ長調の音階

・No.37 音程きれいです。次回も練習のためにやりましょう。
・No.40 2→3の指が難しい様子です。今日は指の置き方をレッスンしました。
     とにかく2は指先をずらさないことです。

■新しいバイオリン教本2巻 No.41 アレグレット

 2段目は2小節f、2小節Pにしましょう。
 今日はそのやりかたと弓遣いを練習しました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.42 わかれ

 スラーと3段目はとくに弓をたくさんつかって。
 冒頭のスラーで移弦の練習をしました。
 次回またやります。

■移動弦の練習 No.44

 初見で弾いてみました。
 2の指キープしたまま弦を2本押さえる、という所がたくさんあります。


6歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 中巻

 今日は楽譜を見ながら弾く練習をしました。

 バイオリンはどうしても左手ばかり見て弾きたくなりますが、
 そうすると次に何を弾くのか、わからなくなってしまいますね。
 得意なところだけを暗譜するのではなく、まんべんなく楽譜を見渡して、
 音の流れをつくっていけたらもっといいな、と思います。
 ゆっくりでいいですから、だんだん慣れていきましょう。
 
 いつも感心するのは、毎回音程をきっちり正確にとっていること。とても良いことです。
 歌も上手に歌っています。これはぜひ続けましょう。
 
 
■リズムカード
 いろんなリズムでレッスンしました。
 音もリズムもバッチリです。
 


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本 2巻

・No.4 つりがね草
 はじめのソ(2の指)は慣れるまで音程がとりにくいと思います。
 1に引き寄せるように、がんばってストレッチしてみてください。
 3段目1小節目、1の指はおさえたままにしましょう。
 全体的に音程きれいにとれています。ピアノで合わせて仕上げました。
 

・No.5 音階
 3番のスタッカート、とても良く出来ています。
 4番も先半弓でよく弾けています。
 このような弾き方はよく出てきますので、忘れずに。
 3番と4番は今日で仕上げました。
 全弓で弾く音階は練習のために次回もやりましょう。

・No.6〜
 左指の形、だいぶ意識してキープできています。この調子です。
 次回もやってみましょう。
 
・No.8
 前回やった弓の遣いかた、とても良くできています。
 途中、弓を置き直すところが3箇所あります。ここは弓の中央に置きなおします。
 今日はそのやり方を練習しました。

 東京 世田谷 バイオリン

・No.9
 弓遣いなどを少し説明しました。
 次回、できたら弾いてみましょう。

(Visited 39 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする