11月2日レッスン バイオリン教室 東京

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.37〜 変ロ長調の練習

 音程きれいにとれています。
 前回より、弓もたくさんつかえるようになっています。

・No.40 2と3の指を広げるのが難しいようです。
     3の指をおおきく離さないようにしてとる練習をしました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.41 アレグレット

 2小節目、スタッカートの練習をしました。
 力を抜いて、右腕を意識してつかいます。
 今日で仕上げました。

 バイオリンレッスン 大人 東京

 
■新しいバイオリン教本2巻 No.42 わかれ 

 リズムに注意です。
 スラーのかかっていない4分音符が長くならないようにしましょう。
 2小節目の4分音符はすべて同じ長さです。

■新しいバイオリン教本2巻 No.44

 次回できたらやってみましょう。

 


大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.35 メヌエット

・冒頭のリズム
 4分音符、8分音符の長さをもっとはっきり分けてみましょう。
 弓の配分も大切です。

・重音はの指は休符のときに準備しましょう。
 
 バイオリン教室 東京 大人

・4段目1小節目 ファまでダウンボウで弾きます。

■新しいバイオリン教本2巻 No.37〜 変ロ長調の練習

 音程きれいです。練習のために次回もやりましょう。 
 No.40は1番のやり方(スラー)でも弾いてみます。

■新しいバイオリン教本2巻 No.41 アレグレット

 初見で弾いてみました。
 
 

大人のバイオリンレッスン

■カイザー1 No.5

 音程きれいです。
 弓はもう少し中央で。先の方だと、うまくコントロールできない時があります。
 テンポを少し上げました。
 最後の和音は弓をしっかり弦に置いてから弾きます。

 次回はNo.6をやりましょう。

■新しいバイオリン教本6巻 シャコンヌ ヴィターリ

 今日は1ページ半までを弾きました。

・冒頭の和音はべったりと、重たく。スラーで音がとぎれないように。
 2分音符の終わりで音が小さくならないようにフォルテを保って。

 バイオリンレッスン 東京 大人

・音程のとり方を練習しました。前の音との関係がポイントです。

 バイオリン教室 東京 大人 

・トリルの入れ方、音程を練習しました。
 半音と全音の違い、これが大事になってきます。

 バイオリン教室 大人 東京


大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回は新しい音階です。

■ポジション移動の練習
 とても良くできています。この調子です。
 次回はD線でやってみましょう。

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット ボッケリーニ

・冒頭の装飾音符、よく弾けています。
 今日は更に音をはっきり出す練習をしました。
 弓と左指のポイントを忘れずに練習してみてください。

・D線のフラジオレットはもっと肘を入れてとってみましょう。

・後半、スタッカートは音の頭をすべてはっきり発音します。
 弓の感じはとても良いです。
 
 バイオリン教室 東京 大人
 

■新しいバイオリン教本3巻 コンチェルト イ短調 ヴィヴァルディ

 今日は1ページ弾いてみました。
 
・冒頭のドの音程は少し低くします。
・2段目のフレーズを意識しましょう。

 

小学二年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 

・富士山
 よく弾けていますね。
 弓はたっぷりつかいますが、とくにアップボウを使います。
 ピアノで合わせて仕上げました。

・わかれ
 スタッカート、上手ですね。
 今日は小さなフレーズを意識して練習しました。
 次回もピアノで合わせみましょう。

・草競馬
 4分音符を少し短く、軽快に弾いてみよう。
 3段目は雰囲気を変えて、のびのびと。
 テンポも少し速くしてみましょう。

■リズムカード
 今日は、符点4分音符の復習と
 8分音符、8分休符を練習しました。問題にひっかかってしまいましたが、
 また次回も遊びながらやってみましょう。
 

5歳のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 上巻 

・でんしゃ
 
 楽譜、きちんとできましたね。
 とてもよく弾けています。
 ピアノで合わせて仕上げました。

・かわはよんでいる
 こちらも楽譜、できましたね。
 左手の親指が丸くならないように注意しましょう。
 力を抜いて、ほぼまっすぐにします。
 次回またやりましょう。

・移弦の練習
 1番、よくできました。
 2番は少し難しいと思いますが、音程とてもきれいです。
 後半は弦がまざってしまうので、右肘に気をつけて。
 3の指は今日やったように準備しましょう。

・ぶんぶんぶん
 次回、楽譜をつくってみてください。
 また弾いてみましょう。

  

中学二年生のバイオリンレッスン

■スケール
 次回は新しい音階です。
 4th、5thのポジション移動があります。
 移動のやり方を説明しました。

■コンチェルト イ短調 ヴィヴァルディ
 
 後半、全体的につっかえつっかえ弾いています。
 楽譜を見る目は、常に先を読んでおきましょう。これも訓練です。

 今日は自分が練習したいところを挙げてもらい、レッスンしました。

・3ページ目3段目〜
 スラーに気をつけてください。
 ここのスラーは不定期にかかっているわけではないですから、パターンで覚えてしまいましょう。

・3ページ目4段目2段目
 ポジション移動と音程のとり方を練習しました。


(Visited 60 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする