10月1日レッスン バイオリン教室 東京 

大人のバイオリンレッスン
 
■新しいバイオリン教本3巻 ガボット ゴセック

・今日はスピッカートに挑戦しました。
 スピッカートとは、弓を弦の上で飛ばすやりかたです。
 弓は自然にバウンドしますので、それを活かします。
 弾こうと思わず、自然に跳ねた弓をコントロールする、と考えましょう。
 弓の場所、無駄な力は抜くことが大事です。
 今日やったポイントを忘れずに、次回も弾いてみましょう。

・5段目 4小節目
 弓は一番元から弾きましょう。
 DA→AE→E の3段階をはっきりと。でも素速く・・。難しいところですね。

・最後から3段目以降
 とても良く弾けています。この調子です。

■新しいバイオリン教本3巻 メヌエット べートーヴェン

・2段目2小節目 ポジション移動
 ここのポジション移動は前に弾いていた1の指(ソ)がポイントです。

・後半、アップボウのスタッカートではあまり元で弾かないこと。
 


小学六年生のバイオリンレッスン

■ボーイングの練習
 きれいにできています。この調子です。

■新しいバイオリン教本1巻 
・No.17〜
 左手の復習をしました。
 音程をよく聴いて、丁寧に弾いていますね。
 今日はちょっと1の音程が高かったです。
 左手の位置に注意しましょう。
 
・No.20〜
 今日もA線を練習してみました。
 集中してよく弾いていますね。
 
・アマリリス
 初見で弾いてみました。
 最初は移弦がとくに難しいと思います。
 ゆっくりでいいので、両手の準備ができたら弾いてみよう。

・メリーさんのひつじ
 D線で弾いてみました。
 次回も練習してみましょう。


小学五年生のバイオリンレッスン

■バイオリンパートナー Aー2

・ソナタ イ長調 モーツァルト
 とてもきれいに弾けていますね。
 2段目後半から出てくるスフォルツァンドを忘れずに。弓をとっておきましょう。

 3段目の出だしはPです。アクセントがつかないようにしよう。
 合わせて仕上げました。

・バンジョー鳴らせ フォスター
 弓遣いに注意です。
 スラーはありませんが、アップボウが連続で出てくるところがあります。

 Bの部分は合図をして弾き出そう。
 フェルマータは自由にのばしてみてください。 
 次回も合わせてみましょう。

・さかみち
 スタッカートがつかないように。のびのびと弾いてみましょう。
 

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回スラーをつけてやってみましょう。

■バイオリン教本 (アンサンブル)
 
・聖者の行進
 今日はタイの長さが1拍足りませんでした。おしい!5拍のばしましょう。
 合わせて仕上げました。

・エーデルワイス
 3の音程をもっと低くしましょう。
 合わせて仕上げました。

・オン・トップ・オブ・オールド・スモーキー
 リズムがとらえにくいかも知れません。 
 アウフタクトです。小節の途中でフレーズが変わります。
 また次回やってみましょう。

・我がために杯をあげよ
 スラーがありますが、冒頭はすべて4分音符です。
 同じ長さで弾きましょう。
 次回合わせてみます。
 


中学一年生のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 次回は5thをやってみます。
 今日やったコツを忘れずに、練習してみてください。

■モーツァルト バイオリンデュオ P11 Nr.11

・2nd
 21小節目、3rdの音程をきちんととろう。
 あとはとても良く弾けています。
 一人で弾くより、合わせて弾いたほうが断然良くなりますね。
 音色など、理屈ではなく体で表現できています。とても良い事です。
 

■モーツァルト バイオリンデュオ Nr.12

・1st 
 17小節目は2ndポジションと1stが交互にでてきます。
 半音ですがきちんと移動するつもりで。

 きびきびとした感じで、でも少し可愛らしい雰囲気で弾いてみよう。
 意外と忙しい曲ですね(笑)
 次回また合わせてみます。

・2nd 次回弾いてみましょう。

 バイオリン教室 東京 世田谷

これが終わったら、教本の続きに戻りましょう。
久しぶりですね(笑)


中学三年生のバイオリンレッスン

■指のトレーニング練習
 よく楽譜をみて、数を間違えないようにしましょう。

■スズキのバイオリン教本3巻 ベッカー ガボット

・ミの♭を忘れずに。
・部分練習をしました。
 
感想:なんとなく、レッスンの間があいてしまうと振り出しに戻ったような感じです。
   前回練習して出来たところも、やはり時間がたつと分からなくなっているようです。
   どこが難しいのか?弾きにくいのか、聞いてみたところ、リズムをよく理解していない様子でした。
   次回からリズム練習を加えて、慣れていきましょう。
   もっと弾きやすくなるはずです。

  

(Visited 67 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする