1月21日レッスン バイオリン教室 東京

※ 1月20日のレッスン日記はお休みさせていただきます。

大人のバイオリンレッスン

■スケール
 次回は新しい音階です。

■新しいバイオリン教本3巻 ヴィヴァルディ コンチェルト イ短調
 
 今日は後半から音程を中心にレッスンしました。 

・2ページ目 下から3段目3小節目
 ドの音程を下げましょう。

・3ページ 2段目2小節目
 最後の音ソ♯は音程高くします。
 
・3ページ目 3段目1小節目
 E線のソは音程低くします。

感想:だんだん良くなっています。この調子です。
   3ページ目は気持ちが焦ってしまうところですが、(みなさんそうです)
   急がないように、自分で思っているより遅く弾いてみましょう。


小学六年生のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本1巻

・ちょうちょう
 音程とても良くなりました。
 ピアノで合わせて仕上げました。

・ロングロングアゴー
 弓遣いの練習をしました。
 4分音符は全弓、8分音符は半弓にします。
 弓は一定のスピードで動かすことです。
 ピアノで合わせて仕上げました。

・むすんでひらいて
 今日は部分練習をしました。
 A線のときに右腕がフラフラしないように気をつけよう。
 音程とても良くなりました。
 次回またやります。
 
・スラーの練習
 今日からスラーを練習しました。
 今日やった2つスラーのときは、
 ちょうど弓の中央で音が変わるようにしましょう。


小学五年生のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 だいぶ良くなっています。
 この調子です。

■スケール
 音程きれいになってきましたね!

■バイオリンパートナー Aー2

・楽しい農夫
 ところどころ指遣いに注意です。
 弓をすぐに元に戻すところがたくさんあります。
 その時はあまり先まで使わないことです。
 合わせて仕上げました。
 
・兵隊さんのおどり
 同じようなリズムが繰り返しでてきます。
 毎回同じ長さ、間隔になるようにしましょう。
 強弱をつけました。fからpは急激に小さくしてみましょう。
 次回また合わせてみます。

・春へのあこがれ
 初見で弾いてみました。
 スラーや音の長さに気をつけて、次回合わせてみましょう。


大人のバイオリンレッスン

・ラルゴ ヘンデル
 前回の復習をし、今日はその先もレッスンしました。
 後半はかなりポジションが高くなりますが、きれいに音程とれました。
 また次回、進めていきましょう。


中学一年生のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本4巻 No.1 ホーム・スイート・ホーム
  
・2ページ目 1段目
 32分音符のところ、弓が後半で急がないようにしましょう。
 気持ちゆっくりするつもりで。
 左手はよくできています。

 バイオリンレッスン 世田谷 東京

・2ページ目 2段目最後
 最後の音は先半弓で、次の音は残りに弓で弾きます。
 1つ手前のラで、きちんと先にもっていくことが大事です。

・3ページ目 下から3段目
 音程よくとれています。
 スラーは音を切らないように、なめらかに弾きましょう。


中学三年生のバイオリンレッスン

■スズキのバイオリン教本3巻 ガボット バッハ
 
 今日は2ページ目の後半を練習しました。
 先週やりましたが、だいぶ忘れてしまったようです。。。

 レッスンでは、私は出来るかぎりのことはしますが、『練習(=努力)』は本人しかできません。
 毎回振り出しに戻ってレッスンするのは効率が悪く、時間がもったいないと思います。
 2回以上、同じことを言われないように努力しましょう。
 少しでも、前回やったことを思い出してメモをとったり、1日5分でも練習しましょう。
 これはバイオリンに限らず、すべてに共通することです。
 

(Visited 69 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする