1月12日 バイオリンレッスン 東京 世田谷

小学4年生のバイオリンレッスン

■子供のためのバイオリン教室 下巻
   
・農夫のうた
 今日は4段目を中心に練習をしました。
 似たような音の形が何ヵ所かあります。
 音と数を間違えないように気をつけて。
 今日で仕上げました。

・野ばら
 弓をたっぷり使ってのびのび弾いてみましょう。
 だたし、8分音符は弓を短くします。
 所々スラーと指遣いを間違えないように、だんだん慣れていきましょう。
 次回また弾いてみます。
 
・時計のうた
 一回通して弾いてみました。
 A線とD線が混乱しないように、よく楽譜をチェックしましょう。
 次回またやります。


  

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本2巻 No.40 

 2番は重音です。A線とD線の重音をもっとしっかり2本鳴らしましょう。
 音程とてもきれいです。 
 今日で仕上げました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.42 わかれ 

 リズム良くなりました。
 スラーは弓をたくさんつかって。3段目もゆったり、弓をたくさん使います。
 3小節目の指の練習をしました。バラバラしないように気をつけて。
 今日で仕上げました。

■新しいバイオリン教本2巻 No.44 練習曲 

・音程とてもきれいです。移弦もバッチリです。

・2をキープしたままの3と4は指先で少しだけおさえるようにしましょう。
 でないと他の弦に指が当たってしまいます。

・2小節目はリズムに気をつけて。
 16分音符はすべて同じ長さで、後半で急がないように。

 次回また練習してみましょう。 

■新しいバイオリン教本2巻 No.45 アリア

・4小節目
 リズムに注意です。
 3拍目の8分音符が長かったので、もっと短く。
 
・5小節目〜
 移弦があったりなかったりします。音を間違えないようにしましょう。
 
・後半は臨時記号に注意です。
 かなり意識して♯は高めにするときれいです。
 


大人のバイオリンレッスン
 
■ポジション移動の練習
 左肘の動きと親指の場所を確認しました。
 次回またやってみましょう。

■新しいバイオリン教本3巻No.55 エア・バリエ ダンクラ

・4段目
 ここはゆっくり弾いてみてください。
 ゆっくりからだんだんテンポを上げていきましょう。

・5段目
 ダウンの弓遣い、とても良くなりました。

 バイオリンレッスン 世田谷 東京

・6段目
 ドのアップボウは元ほうに置き直して、短く弾きます。

 バイオリン教室 東京 音楽教室
 

・2ページ目2段目、3小節目
 ここはアップでスラースタッカートです。
 今日練習して感じでとても良くできていました。
 一番先から始めることが大事です。

 
・2ページ目3段目、3小節目
 だんだん元弓に寄せていきましょう。
 次の長いスラーのために。

・フラジオレット
 第3ポジションから、ピンと小指を伸ばしたあたりがフラジオの場所です。
 きょうやった感じを忘れずに。とてもきれいにできていました。


4歳のバイオリンレッスン

■ボーイング練習 
 よく出来ています。
 こんどは弓をたっぷり使って、長く弾いてみようね。

■子供のためのバイオリン教室 上巻
 
・左手の練習
 A線とE線の復習をしました。
 1と0、よく指が動いていましたね。
 良くできました!

・かり
 今日は新しい曲に挑戦しました。
 楽譜も一緒につくり、練習しました。
 こんどまたやってみましょう。

■リズムカード
 今日はたくさんリズムを使って遊びました。
 リズム感、とても良いですね。あとは
 8分音符の数を間違えないようにしましょう。

感想:バイオリンは左の肩と左のアゴで挟むようにしましょう。
   とくに小さいお子さんは身体の真ん中で持ちたくなりますが
   まずは左肩にバイオリンが乗るように習慣づけていきましょう。

   ブリッジ型の肩当てが合わない場合はスポンジや『マジックパット』、
   滑り止めのシートを挟むだけでもOKです。


大人のバイオリンレッスン

■ポジション移動の練習
 第3ポジションはだいぶ慣れてきたので、次回から第4をしましょう。
 今日はポジションの説明をしました。

■スケール
 また戻って復習します。今度はスラーをつけてみます。

■新しいバイオリン教本3巻 コンチェルト イ短調 ヴィヴァルディ

・冒頭の3(ド)は少し低めにとるときれいです。

・1ページ目3段目
 最後の小節、2分音符は一番元から使って、弓の中央までにします。
 
・2ページ下から4段目
 今日はミ(2の指)が高かったです。少し低くとりましょう。
 あとはとてもきれいにとれています。
 
 バイオリン教室 東京

・3ページ目
 16分音符、あせらずゆっくり弾くときれいにできています。
 その調子で今度は速いテンポにしてみましょう。
 ただし、練習のときはゆっくりテンポでたくさん弾いておくことが大事です。

 東京 バイオリン教室 大人

感想:全体的にとてもよく弾けています。
   今度は強弱を意識して。
   まずはfとpの差を大げさなくらいやってみましょう。
   

大人のバイオリンレッスン

■新しいバイオリン教本1巻

・ロングロングアゴー
 前回よりだいぶ良くなっています。
 4分音符の全弓はかなり意識して右腕を伸ばします。
 音程とてもきれいです。
 今日で仕上げました。
 
・むすんでひらいて
 こちらも4分音符の全弓は意識して右腕を伸ばします。
 4の指は音程高くとりましょう。
 ピアノで合わせて仕上げました。
 
・スラーの練習
 音の境目で途切れないようにするときれいです。
 だいぶよくなりました。
 今日で終わりです。

・ぶんぶんぶん
 今日は部分練習を中心にレッスンしました。
 特に8分音符のところで指がもつれそうになります。
 少し練習しただけでだいぶ良くなりました。
 この調子で次回もやってみましょう。
 
・セレナーデより
 初見で弾いてみました。
 2段目からD線になります。

・別れ
 スラーで移弦があり、少し難しくなります。
 左指の準備が大事です。
 今日はゆっくり弾いてみました。
 次回また詳しくレッスンしましょう。
  

(Visited 75 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする