生徒になるとき

もう、6月が終わろうとしています。
早いですね〜!来月は発表会ですしね。

わたしは日曜日までバタバタしており、先週のレッスン日記も今週から徐々にアップしています。

今週日曜日の〆は何があったかというと、自分が受けるレッスンです。
だいたい月一回のペースで、レッスンに通っています。

普段は『先生』という立場でお仕事させていただいていますが、私も『生徒』になる時があるんです。
これは貴重な一時間です。
先生を前にすると緊張する、とか、練習通り弾けない、とか
普段生徒さんがおっしゃることもよーく分かります(笑)

しかし、私はこの『貴重な一時間』と分かっていても
毎回なかなか練習できずにレッスンを迎えてしまうので、非常に気が重い・・。
”あぁ、今週レッスンだ、ヤバイどうしよう、もう時間ない〜。”という感じでレッスンに行きます・・。
だめだめな生徒なんですね〜。

それでもレッスンに行く理由は、

・自分よがりな演奏にならないようにするため
・客観的にみてもらうため
・先生との関わり

などです。

教えていると、自分のやり方が固まってくると思います。でも、たまには他の意見ややり方を取り入れて、
常に自分を見直していかないといけないんだと考えています。
なので、先生からレッスンで教わったことは素直に受け入れて、取り入れる努力をしているところです。
これはできる限り、ずっと続けていきたいですね。

ちょっとした音程やリズムも、客観的にみてもらわないと間違っているかもしれません。
だからレッスンは大事。また、自分が習いたい、と思う先生のレッスンが一番なんです。

先生の人間性や相性も大事です。
私の先生はすごい経歴で、演奏も超一流!!
なんで私が習えるの?と思ってしまいますが、先生はとても気さくです。
またいろんなお話をしてくださいます。それがまた楽しい。

しかし!やはり先生。よく見抜いておられます。
いつもレッスンで定期的に言われることは決まっており、
わたしに足りないもの、というのをズバリ言ってくださいます。

わたしはいまそれを克服するべく、時間とやる気との戦いです。。

バイオリン教室 東京 音楽教室 レッスン

がんばるぞー。

(Visited 56 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする