子供のレッスン

水曜日の午後。教室は子供のレッスンラッシュです。
私も体力を温存してレッスンに臨みます!

子供って素直ですね。その日の体調や気分、集中力など一目で分かってしまいます。
30分のレッスンでどれだけ集中力・興味を持続させるか。毎回かなり勝負です。

レッスンを始めて一年経たない子供の生徒さんは、『学ぶ(レッスンを受ける)体制』がまだできていません。
(個人差ありますが)
途中で遊びだしたり、興奮して収集つかなくなったり、ダメと言っていることをやったり。。
3歳・4歳は、バイオリンレッスンというより、まずはそこからスタートなんです。(お母様方、ご心配なく。)

でも、子供の世界があるんですね。
ぼーっとしていると思ったら、じっと楽譜を見ていた。とか、
私の言ったことが、かなりの時間差で理解されていた。とか(笑)

いま、この子はどんな気持ち・どんな事を考えているのかな、と常に私も考えるようにしています。
レッスン中にダメな事をしている時でも、きっと悪気はないはず。良い事と悪い事の分別がまだできないから。
それは、回数を重ねて、次第に覚えていくのだと思います。
必要なときはご両親様にも協力いただいて、私も言うときは言います。
常にその繰り返し。

例え時間がかかっても、『学ぶ体制』ができてしまえばあとは早い。
生徒さんのやる気次第でどんどん伸びます!

それが1年なのか、3年なのか・・みなさんそれぞれ。私は長い目でみるようにしています。

今まで色んな生徒さんと出会ってきましたが、変わる時が必ず来るんですね。
今いらっしゃる生徒さんにも、そういう子がいます。
その当時は私も叱ったり、30分レッスンが無意味なように過ぎていったり、いろいろ気をもんでいましたが、
今その子はすごく成長しています。しかもご本人の意志で努力しています。
レッスンでも、やる時と雑談(?)する時、きちんとスイッチが切り替わります。
すごくいい信頼関係だと私は思っています。嬉しいですね。

そういった頑張りは、大人になった時にも必ず役に立つと思うんです。
たとえレッスンが短期間で終わったとしても、
どこかで記憶に残っていてくれたら嬉しいなぁ。

(Visited 146 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする