バイオリンケースの中

さて、今日は楽器ケースの中身についてです。
必ず入れておいた方がいいものをご紹介します。 
まず、松ヤニ。 
これがないと弓が滑って音量が出ませんね。
ですが、つけ過ぎると粉が舞って後でベタベタするので気をつけてください。
松ヤニ
肩当て。
なるべく楽器とセットで収納しましょう。
(ケースによっては肩当が入らないタイプもありますが。。)
肩当て
楽器を拭く布。
楽器をきれいな状態で使い続けるための必需品です!
ハンカチ
弦のスペア一式。
弦が切れてもすぐに張り替えられるように、いつも常備しておきます。
弦楽器は、弦がいつ切れるか分かりませんので、備えておきましょう。
弦
鉛筆。 
楽譜に書き込む時に使います。消しゴムがついていると便利ですね。
鉛筆
さて、以下は音楽の仕事をすると必要になってくるものです。
セロテープ。 
楽譜の製本などに使います。
ケースに無理なく収まる、このミニテープがとっても重宝しています。
(これは千歳烏山のダイソーで買いましたが、最近売ってないなぁ。。)
テープ2  テープ1
シール。
これを指の押さえる場所(指板)に貼ります。
バイオリンは音程を自分でつくる楽器なので、初心者の方には必須です。
これを目安に音程をとります。
テープ3

(Visited 733 times, 3 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする