カワイ発表会

今日は朝レッスンをして、午後からカワイの発表会でした。 
レッスンを終えて、急いで表参道にむかいます。 
今日はいいお天気でよかった〜。
予定どおりにリハーサルを終えて、二階の会場へ。 
カワイ表参道はパウゼというコンサートホールがあるのでとっても便利! 
ミニコンサートなんかにはちょうどいい広さと立地ですね。
今日のプログラムはバイオリン(複数の先生方と合同)とギターの発表会です。  
毎年、組み合わせが違うのでバイオリン以外の楽器(フルート、歌、など)と一緒になることもあり、
いつもプログラムが楽しみです。 
そしていよいよ始まりました。 
私の生徒さんが順番待ちで待機しているとき、わたしも隣に座っていたのですが、、
なんだか緊張が伝わってきました。何も喋らなくても伝わるんですね。 
大丈夫!がんばれ! という気持ちで送り出しました。 
伴奏合わせでは、つっかえたりメロディーを忘れたりしていたのですが、今日はきっちり弾きました。 
あ〜、よかった!! 
その後も二人目、三人目・・と、みんないつも通り、いや、それ以上に弾けました。 
緊張していると、いつも通り弾くのは至難の業です(笑)
みんな、本当に今日はよくできました☆
伴奏の先生にも『先生の生徒さん、みんな堂々としていて、きっちり弾いていますね〜。安心です。』
とお褒めの言葉をいただきました。
みんなの頑張りが実って本当に嬉しいです。
前半は子供のバイオリンの部。
中間にギター、後半は大人のバイオリンの部です。
前半が終わり次はギターの部です。
ギターって、音に温もりがあって和みますね。生で聴くとますますいいなぁ。
(バイオリンと違って、音程はずさないし・・笑) 
村治佳織さんのCDをたまに聴いています。そういえばギターでパガニーニ弾いてたなぁ、と思いだし、
ちょっと興味がわきました♪
そして最後は大人の部。
正直な感想は、みんな全体的に弓の動きが小さい。。
これは体が硬いことと、音を思いっきり出せない練習環境だからでは?
といつも思います。
まず基本は音をちゃんと鳴らすこと。
そうしないと音程が聴けないので、=音程がとれない。
リズムも、右手と左手が合わなくなります。
右手の弓を動かすためには、しっかり腕を曲げ伸ばしして
力を抜いて体を柔らかくすることです。
今年も発表会でいろいろ勉強になりました〜。
他の先生方の生徒さんの演奏も聴けて、またさらに勉強になります。
またレッスンがんばりましょうね。

(Visited 171 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする